雲洞庵

「日本一の庵寺」に魅かれて雲洞庵へ行って来ました。

   カテゴリーが観光地じゃバチが当たりそう・・・

藤原鎌足公の孫、藤原房前公の母君が出家してここに庵を建立。
以来600年にわたり女人救済の庵寺として栄えたそうですが、
その後の歴史も有り一口で説明は難しすぎる・・・・


山門。
雲洞庵


山門をくぐると参道がありました。
雲洞庵 (5)
敷石の1m下に法華経を一石一字記し敷き詰められてるとの事。

踏みしめてお参りすることにより、
罪業消滅、万福多幸の御利益が有るそうです。

本堂から大池が見えます。
雲洞庵 (3)
ウシガエルらしき鳴き声が聞こえて来ました。

内陣に続く廊下。
雲洞庵 (1)


内陣。
内陣


座禅堂、観音堂、客殿に続く廊下。
雲洞庵 (2)


興味深い宝物殿
宝物殿

 
  越後の国では
雲洞庵の土踏んだかと言われ
  あつい信仰をよせられる庵ですが一回だけでは覚えられない。
  歴史の勉強をして再度行きます!


      
坐禅体験もあるそうですが、
  カネ払って叩かれたかねぇと、罰当たりな影の声 


何処へ行っても新緑が美しい。
日本の良さを再認識しました。
しかも東京と比較すると湿度が低くて快適。
 
        ビバ 田舎だわ~


大源太湖

大源太湖、これから3年間の工事に入るとの事。
   
  工事が始まったら3年後まで行けなくなります。

夏風邪だとか時差ボケだとか言ってられない。

     行って来なくちゃ・・・・・
   
って事で行って来ました。
大源太湖 (5) 
大源太湖からの流れ。


吊り橋。
大源太湖 (8)


遊歩道。
大源太湖 (7)
熊に出会ったら・・・・


熊は湖側にキックすれば良いのよ~ 
大源太湖 (6)

    でも、

  実際に目にしたのは蛇の抜け殻。

    私にとって熊より苦手。 
      
      怖かった~


  んで、この日一番新鮮だった、

「乗用田植え機」と言うんだそうです。
大源太湖 (9)
ある意味感動的でした。

    お蔭様で今年もご飯が食べられます。Danke~みたいな気分。・・・・


[広告] VPS



グー!

時差ボケと夏風邪とで、
    頭が腐ってしまってブログが書けません・・・・・
  

取りあえず気持ちはこんなんですが~
実 (1)

    体調の復活と共に体重も復活でっす。

公園の草花。
実 (3)


プルーン。
実 (4)


ブルーベリー。
実 (5)


公園猫ちゃんを見ました。
実 (2)
去勢済。

    2週間前に捨てられたそうです。
  
      何だか、凄く腹立たしくて・・・・・

  

ミュッゲルゼー

東ベルリンの果てにあるミュッゲル湖。


この日は風が強くて
ミュッゲルゼー (2)

   でも晴天。気温23℃。

     湖の反対側は運河です。

運河に面して建ってる建物はベルリン最古のビール醸造所の建物。
ベルリーナー・ビュルガーブロイ1869年
ベルリナービュルガーブロイ(1869年~2010年))です。

 湖と運河を渡す橋は有りません。

   地下道を歩いて反対側に行きます。

これが地下道。
ミュッゲルゼー (3)


地下道を抜けて地上に出ると公園が有りました。
ミュッゲルゼー (4)


私達もここで日光浴。
ミュッゲルゼー (1)
日焼けなんて気にしちゃ駄目なのね~

水難事故防止の為の見張り台。
ミュッゲルゼー (5)

  この日はイベントが有ったようです。




小学生がヨットで誤った方向へ。警笛はなるし・・・[広告] VPS

  
  コーチらしき女性に凄い剣幕で叱られて連れ戻されてました。
  そりゃそうだ。命に関わります。


      風が強すぎて制御不能になった?
       ともかく事故にならなくて良かった。

 
東ドイツって暗いイメージが有りましたが、
当時から、こんな整った環境が有ったんでしょうね。
少しホッとした気分の1日でした。


ベルリンは奥が深い・・

山の頂上に塔がありますが、

途中、こんな階段を上ります。
トイフェルゼー (4)
 ここまでは良かったんですョ。

   入り口は開いてるのに出口は工事中で閉鎖!
       最初から行き止まりって表示してよ、も~う。

  仕方ない。その先は足場の悪い所から行くしかない。


    そして頂上はこんな塔が有りました。

高さ29,61mの東ドイツ時代に造られた塔。味気ないなぁ・・・
塔 (1)
1960~1961築。


昔の古い塔。
Mueggelturm.jpg
素敵だったのになぁ・・・

   仕方ないですね。戦争があったり火事があったり。
     そして此処が東ドイツになっちゃったんだから・・・



この入り口が、もう東ドイツ!
入り口
金網のドアは何の意味があるの~?

 入場料2ユーロ払ったけどエレベーターも無くて、

    30mも自力で一番上まで上ったんですわョ~

       でも上った甲斐がありました。

最上階から見た風景です。
塔 (3)
こんな景色が広がってるとは夢にも思いませんでした。

     ここもベルリン市内?って何度も訊き直しました。

遠くに湖が見えてます。
塔 (2)
ミュッゲル湖です。

   ベルリンって本当に色々な表情を持ってる。
       ヨーロッパで一番自然が多い都市って納得。

  明日に続く・・・


ミュッゲル塔から。[広告] VPS



近所で咲いてたアジサイ。
アジサイ

   梅雨時の花だと思ってました・・・



インドでは熱波でアスファルト道路が溶けだしたとのニュース。
子供時代、アスファルトの道路が溶けて歩くと足跡が残った記憶が有ります。
今、日本のアスファルト舗装の材質が向上したんでしょう。
足跡が残る事は無いようですね。


     
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。