ベルリン訛り。

ベルリンは取りあえずドイツの首都 

       そしてヨーロッパでもっとも自然の多い都市。

こんな緑のトンネルを走るのは気持ちの良いものです。
ベルリン (4)

晴れの日のシュプレー川も気持ちが良い。
ベルリン (3)
旧東ベルリンですが整然としてます。

「雨降り朝顔」だって可愛く見える。
ベルリン (2)
正しい名前は分かりません。子供の頃、「雨降り朝顔」って呼んでました。

  ベルリンはドイツの首都でも、
    日本に方言が有るのと同じ、ベルリンも方言が有ります。

ニー アレーネ エッセン。
ニンニク
標準語は「ニー アライネ エッセン」

  決して一人で食べてはいけないという意味。
 何故ならKnoblauch(ニンニク)が入ってるから。 

       皆で食べたら怖くない? 

ヤンツ オーネ フライシュ。
ベルリン訛り (1)
標準語はガンツ オーネ フライシュ。(お肉が全く入ってない)

   って事で今夜の食事は、

ヤンツ オーネ フライシュ!
ベルリン (1)
塩分少なめ。サラダですよ~♪

           ヤンツ ゲズント!

 
ゲズント(Gesund)は健康。
ヤンツは(Ganz)「とても」とか「全部」の意味です。


             ベルリン訛り講座でした~♪

最近、ベルリン訛りを話す人が少なくなってますが、
スーパーのレジのおば様達が話してる事があります。
私はニンマリと笑ってしまうのです。

   
    日本語もドイツ語も方言は好きです。
      何だか温かな響きがすると思います。


そう言えば、下町言葉も無くなってる?
その下町へ明日から飛びます。
長居は出来ません。用事が済んだらベルリンに戻ります。
お返事は下町からさせて頂きます。


                      宜しくお願い致します。

カンムリカイツブリ

昨日に引き続き、鳥の話で済みません。

カンムリカイツブリは用心深い鳥のようです。
   餌は魚ですから人間の与える餌には見向きもしない。


いつも湖岸から離れた所に居ます。
カンムリカイツブリ (4)
メスの背中にはヒナが3羽。

カンムリカイツブリの夫は大忙し。
親鳥とヒナ (2)
獲った魚をメスに運んでます。

  一家の大黒柱。

髪の毛を振り乱してる!
親鳥とヒナ (3)
父さんカイツブリ、何だか大変そう~ 

    そこいらの変な人間より偉いなぁ・・・
      
お陰でヒナはこんなに大きくなりました。
カンムリカイツブリ (3)
でも一羽だけまだママに甘えておんぶして貰ってる子が居る!


昨晩、湖畔へ行ったら、
   前に出合ったワンコに会いました。

バギーに乗ってたので吃驚。
花と犬 (4)
11歳になるので走ったら時々バギーで休憩させるそう。

    自転車のハンドルの前についてます。
      何とこのバギーのお値段が2000ユーロ!

 これで遠くまでお出かけが可能になったそうです。

    このバギー、凄く軽かった。私の人差し指と中指で軽々。

湖畔でのお夕食は、
花と犬 (1)
鴨ニクのジャーキーが7枚と人間用のバターミルク。

     何だか人間より贅沢な気がしてきた・・・・


これがバターミルク。超健康食。
Butter Milch
脂肪0,1㌫以下です。

       味はヨーグルトの出来損ないみたい。
          糖分、塩分無しの不思議な飲み物です。
       
                 ドイツ人が好んで飲んでるようです。

バターミルクについて↓
バターミルク←WIKIより。


白鳥

今朝は曇天でまた雨かしらと思ったら、
  お昼前から太陽が顔を出して爽やかな1日。

太陽が嬉しかったです。

   今、水鳥のヒナが可愛い季節。

白鳥親子。
白鳥家族 (2)
一羽だけ出遅れて後方で鳴きわめいてました。

   母白鳥はくるりと振り向いて出遅れた子白鳥を待ってる。

      その光景に感動した私。

そういえば、鳥の耳って何処についてるの?・・・・

やがて全員揃って泳ぎ始めたけど、 ワッセワッセ 
白鳥家族 (3)
遅れ気味の子白鳥は首を伸ばして必死。気ばかり焦っちゃって足が追いつかない?

白鳥って全てが「醜いアヒルの子」じゃ無い。
白鳥家族 (1)
最初から白い子も居るんですね。

こちらは前にも登場した白鳥親子。
親鳥とヒナ (1)
二人だけになっちゃったみたい・・・

   でも元気にやってますよ。
      このまま無事に育ちますように。

  話は変わって、

ある田舎の駅で見た光景。
ポピー
ホームの柵を越えた男性が居ました。

   あらっ?と思ったら赤いポピーを一輪摘んでました。
     何かロマンチックだなぁと感じた次第でございまして・・・

 高価な花束じゃなくても貰った人は嬉しいかも。昔の私だったらブンッ 

         今の私は貰える物なら何でも嬉しい~。情けないなぁ。 

     誰にあげるのかなぁ、母親かなぁ、彼女かなぁ。
           男性じゃないよねぇ。ドイツだったら大いに有り。 


ドレスデン旧市街地の夜景

今回、ドレスデン滞在もありました。
   ドレスデンは年間通して観光客が多い都市。

ロマの少年。
水位 (6)
アコーディオンを弾いてお金を集めてます。

  ベルリンでは子供のシュトラーセン ミュージカンテンは禁止。
     最近は子供のBettelも禁止になりました。Bettel=乞食

ドレスデンの新市街地。
新市街地
戦後、街路樹も見事に復活。菩提樹です。

ドレスデンの夜景は美しい。
水深81cm (1)

新市街地からの旧市街地の眺め。
水深81cm (3)
ドレスデン宮殿、宮廷教会、ゼンパーオペラ。

左側にはブリュールのテラスが広がる。
水深81cm (2)
エルベ川の水位は相変わらず低く砂利採掘船が作業中でした。

       この日の水深、81cm!!!

           歩いて反対側に渡れちゃう!
              濡れるけど溺れることは無さそう・・・・



今日のベルリンは1日曇り。
時々強い雨も降りました。
ドレスデン地方も降ってくれたら良いけど・・・・

今日のベルリンの湖畔。
21時前
夕日は見られませんでした。


          

マイセンの早朝

マイセンの早朝は静か。

  街行く人に「グーテン モルゲン」と声をかけられる。
     
吃驚したのは,見知らぬ人から、おはよう。Meine Kollege( 同僚)って! 
   
     おはようは、日本語!
        嬉しい!日本人って分かってくれた。
       
小さな街ではあるけれど、
早朝 (1)
雰囲気の良い建物ばかり。

マルクトに面した商店、薬局、レストラン、ホテル。
早朝 (3)

城に続く坂道。
城への坂道

ふと気が付けば深呼吸する(?)猫ちゃん。
早朝 (4)

毛づくろいで1日が始まるのね。
早朝 (5)

1階の窓辺に有った文字。
早朝 (2)
注意!

  猛犬では無く、猛猫だそう。

    ドイツ人に有りそうなユーモア。

前の晩に街中で会った猫。
夜警
パトロール中ですか~?

   シッポがボワッ

      驚かしちゃったねぇ、ゴメンね~ 


という事でベルリンに戻りましたが、
エリザベス女王がベルリン訪問中、
天候も良くなかったと見えて、
あのコルクのお人形が壊れてる・・
また新しく乗せてくれるのかな~
 

壊れたコルク人形↓
壊れてる

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。