中庭

ベルリンのアパートの中庭、魅力的な所が多いです。


こんな通路を通って行ったら、
Hof.jpg

ちょっとお洒落なブティックが並んでました。
ショップ
右側がショップです。

更に奥に進むとイタリアレストラン。
イタリアンレストラン
爽やかな風にノンビリする人達。

噴水も有りました(写真失敗です、済みません)
噴水

小腹が空いたので、パスタを注文。
パスタ
小腹には多すぎる量でしたが、美味しかったです。

  こんな場所で一人ランチも良いかも。
  
    噴水の水音を聞きながら、
     大昔を空想するって素敵じゃない?


ラベンダー

ある晴れの日、運河沿いで見た風景。



少女が二人、噴水で遊んでました。
水遊び
横は、座り心地の良さそうな寝椅子。

側にはラベンダーの花。
ラベンダー1
側を通っただけで、ラベンダーの香りが漂ってました。

それに比べて我が家のラベンダー。
ラベンダー
冬に枯れちゃったので、ベランダの隅にほったらかしでしたが、

  精一杯、それなりに咲いてます。

    可愛いヤツじゃ

    あれから毎日、スッキリしない日々です。

子供の頃、雨降り朝顔って言ってましたが、
雨降り朝顔
誰か、この花を取った?


    昔、子供同士の噂話で
 
この花を取ると雨が降るんだよ~♪って。
        
          雨乞いの時、この花を取ったら良かったね


    

ハインリヒ ツィレの絵

イラストレーター、フォトグラファーなど、
様々な肩書きを持つハインリヒ ツィレ(1858~1929)


そのツィレの絵の中に国民性を見つけた?。
絵1
窓から子供が外を見てますが、

       今でも、窓から外を眺めてる人が多いドイツ人。
  
 こうして、昔から外を眺めてたのね~。
  窓辺で外を眺めるのは伝統的なもの?


    誰が何をしてるか、以外と知ってたりして
                  
         怖いなぁ。


   今日は何だか眠くて・・・


眠りこけてるオッサンか、
絵
隣りでテーブルに突っ伏している女の子の気持ち。
  

  ちょっと横になったら、寝すぎました。

           もう一度眠れるかな・・・・

ネクタイ

寒い日が続いてるので写真を撮る気が起きません。

  って事で、今日は没写真公開です。

毎週末は、多くの場所でマルクトや蚤の市が開かれてます。
BokhagenerPl.jpg
この場所は本来は余り好きではありません。
      ちょっと私には不気味な雰囲気で一人では行かない場所。

が、最近観光客も増えてるようです。

カフェや
カフェ

お土産屋さんが増えてます。
商店
本来、日曜日は商店はお休みですが、お土産屋さんは営業可能です。



    そう言えば、使わなくなったネクタイってどうしてますか?


この蚤の市で、こんなの見ました。
ネクタイ
使わなくなったネクタイを使ったクッション。


    使い心地はどうか分かりませんが、
          グッドアイディアだと思いました。



ポツダム。

先日の日曜日、所用が有りポツダムへ。
   ポツダム中央駅付近が綺麗になってました。
 
     
長い橋の先には、再建中のポツダムの城。
Lange Buecke
前方の赤い建物がポツダムの城。

長い橋の下には観光船の船着場。
Havel.jpg
大きな川が流れてます。

運河も有ります。
Kanal.jpg
強い日差しの中でボートを楽しむ人々も。

元々のオリジナルのポツダム城は戦災にも遭いましたが、

プロイセンの姿を抹殺する意味も含めて破壊され、無味乾燥な建物を造ってしまった。
城
左端に少しだけ東ドイツ時代の建物が残ってます。


右横の建物は旧市庁舎。
ニコライ教会
丸い青い屋根の建物はニコライ教会。

城の横には昔の厩が有ります。
厩1
厩に相応しく、柱の上には馬の彫刻。

  

   今も充分美しいポツダムですが、
       今後のポツダム、期待できそう・・・かな?


カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。