水の都ベルリン

ベルリンにはシュプレー川の他に、多くの水路、湖が有ります。


シュプレー川がここで二つに分かれてます。三角州のような島。
水の都IMG_0002
前方は博物館島と称され世界遺産になってます。
見えてる建物はボーデ博物館。
この島には4つの博物館、絵画館、
ベルリン大聖堂があります。
左右の川には観光船も通ります。


先日、おばばが行った旧ナショナルギャラリー
博物館IMG_0007
その左隣りが新博物館。
ネフェルティティーの像があるはこの新博物館です。

只今、ネフェルティティーは撮影禁止!
コロコロ変わるので写真撮影許可を待ってます。


シュプレー川に溶けた氷が流れてます。
流れる氷IMG_0013流氷IMG_0012
こんな、感じに・・・・


だからね、寒いんですよねぇ!!!
ロマIMG_0014
そんな寒さの中、一日中アコーディオンを演奏するロマの人。
遠くに見えるのは、旧東ドイツの置き土産テレビ塔。


そんな、あれこれの博物館島・・・・・・・・



へのへのもへじ

先日、見~っけの日本レストランへまた行きました。


玄米茶を注文したら、
玄米チャIMG_0042
お湯飲みが「へのへのもへじ」の模様!
忘れてましたよ~、こんなの有ったっけ昔。
お茶は、とても美味しかったです!
出がらしでは有りませんでした。

和食のお店に行き、お茶を注文すると
ただのぬるま湯みたいなお茶が出る事が多いのに、
ここのお茶は、ちゃんとしたお茶でした。

ベルリンのレストランは、お茶は無料ではありません。
それどころか、お水も有料。

そして、今日は焼きウドン弁当を注文。
IMG_0046.jpg
サラダは、和風ドレッシング。
カリフォルニア巻きの上に、黄身酢が乗ってました。
嬉しかったのは、デザートのフルーツ。
オレンジと、ライチーですが両方共フレッシュでした。

お味噌汁付き。
IMG_0043.jpg
ちゃんと、お椀を使ってますが、レンゲ付き。
受け皿もあります。
この辺がドイツ的なんですね。
コーヒーカップだったら直接口をつけるのにねぇ。
お皿と同じ感覚で、御飯茶碗にも口はつけません。

と、まぁここまではOK。


そして、揚げ出し豆腐を頼みました。
本当に和食かどうかテストです~。












こんなのが出てきました↓
IMG_0045.jpg
お豆腐を揚げてあるのですが、削り節、ネギ、そして、そして、
豚カツソースだよぉ~~~~
左側のお漬物は美味しかったのよ、柚子も入ってました。
なのに・・・・


よくよく、メニューを見たら!!
メニューIMG_0004
あぎ出し豆腐!
そうですか、「揚げ出し」じゃないのね。
だからですか・・・・・
こうなると、その上のヒヤヤコも何だか怪しくなってきたわん。

もうちょっと勉強しようねぇ、板さん!

いやいや、この板さん褒められて伸びるタイプかもしれない・・・
そうだ!次回はおソース抜きで頼めば良いんだわ

あ、そうそうこの板さん名前がMORIさんです~。
モウリさんか、モリさんか知りませんが・・


健気な植物

昨年5月に新居に来た胡蝶蘭。
育てるのは初めてでした。


5月の胡蝶蘭。
こちょうらん 006
その時の胡蝶蘭。
この状態で2ヶ月咲き続けていました!

そして、下の方のお花がそろそろ枯れかけた頃に、
根元からバッサリと切りました。
勇気要りましたけどね。

そうしたら、すぐに新しい花芽が出てきて、
二度目IMG_0001
これが、二度目の開花。
胡蝶蘭は余りお水もあげなかったのに丈夫なんですね。

隣は、クリスマスの頃はモミの木で飾りましたが、
春の花IMG_0004
春近しと言う事で変えました(造花です)
布地なのですが汚れたら、洗えるそうです。
お花が少なすぎる感じ、少々寂しげ。
買い足そう・・・・


ドイツに珍しいヤツデが有ったのですが、
バルコニーに出しっぱなしで、どうやら枯れたもよう・・・・
やつでIMG_0001
葉は、ドライフラワー状態になっちゃいました。
毎日マイナス気温で、鉢が凍ると思ってお水をあげませんでした。
結果、こんな事に・・・
ごめんよ!


小さな葉は、つまんで水に挿しておいたら、
やつでIMG_0006
何と、根が出てました~!!

この、花瓶とも言えない、花瓶と言うか一輪挿し・・でも無いなぁ。
穴が開いていますが、全て繋がってます。
小さなお花を入れようと思い買いました。
ちょっと変わったデザインだと思います。


暖かくなったら、鉢に植え替えてあげましょう・・・

一枚の絵から・・・

昔の絵から当時の人々の習慣とか、服装とか知る事になるのですが、

今日の絵は先日の旧ナショナルギャラリーで見た一枚の絵。


この絵。
IMG_0008.jpg
プロイセン王のフリードリヒ大王のフルートのコンサートの絵。
1852年メンツェルによって描かれた絵。
大王没後80年近く後に描かれた絵なのです。


拡大してみると、
コピー ~ 絵物語IMG_0008
右半分は、演奏者達。
ハンマークラビアを演奏するのは、
バッハの息子、カール フィリップ エマニュエル バッハの姿。

左側は聴き手の人々。
男性全員が敬意を表し、立ってますが、
やや2名、態度の悪い(?)人の姿が!

大王の後方だから見えない事を良い事に目は天井を向いてます。
退屈なのか、演奏が下手なのか・・・
etc 035
あるいは、天井の美しさに気をとられてるのか。
いかにも楽しげだし、左上のクモの巣にはクモも居るしね。
そんな事を想像したりして・・・

女性嫌いの大王に女性のお客様?
大王が唯一愛した女性は、母と姉。
その姉君なのである。

この絵の舞台は、この部屋。
etc 034
昨年、11月15日にアップしてますが、
サンスーシー宮殿のコンサートの間なのです。
豪華なロココのお部屋。

絵の中にも色々物語が有って、面白いなと感じた一枚です。







ジャパニーズ レストラン

太陽が顔を出してると散歩に出ました。
と、思ったらすぐに顔を引っ込めた。
意地悪な太陽メ!


あ、日本レストラン?!!
日本レストランIMG_0010
知らなかった。あ~、出かけなくちゃ駄目ね。
家の中に引きこもっていたら駄目だわん。
風船の左隣りが日本レストラン。
家から1、2分!


我が家は西ベルリンの端。田舎!
それでもチャイナ、タイ、インド、スペイン料理など色々有るのに、
日本レストランだけが無かった!


これは、入るしかないでしょう。
店内IMG_0011
入ったら、最初に目に付いたのが、壁掛け。
和服を着た女性の壁掛け。あ~、何か素敵。
店内は黒と赤を取り入れたスッキリしたお店。


ラーメンを注文しました。
ラーメンIMG_0013
あ、油っぽくない。
さっぱりして、美味しい!

ベルリンでラーメンを注文すると、中×製の
何かクセのある麺が出てくる事が有ります。
ボソボソっとして、はっきり言ってマズッ!

でも、ここの麺は当たり!
具は鶏肉、お野菜色々。
日本で食べるラーメンと比較すると、量は少なめですが、
おばばには丁度良い量です。
あれ?と思ったのはカボスかスダチのような物が一切れ入ってました。
ちょ~っと違うんじゃない?
勿論、取り除き生姜ティーにいれましたけどね。

暫くして、経営者兼板さんが挨拶に来ました。
「日本人と知って、嬉しかった」って言われちゃいました
その人、台湾出身で母親が日本人と台湾人のハーフ。
日本語が少し出来ました。「すぐ、日本人って分かったよ」だそう。
台湾から工科大学に留学して、そのままベルリンに留まりレストラン経営。
開店して5日目だそう。


↓ お寿司をサービスしてくれました。
お寿司IMG_0014
サーモンとアナゴ。
欲を言えばマグロが良かったすいませ~ん
サービスだから我儘言えないけれど・・・

日本の味でした。シャリも良い感じ。
つまは、大根をかつら剥きにして、本格的(量は少ないけれど・・・)
ガリの隣りは大根おろし。ゴマが入ってました。


多分、通うかも・・・
お値段も良心的。
うどんも、お弁当も、焼き鳥、餃子、何でもある。


経営者の人は親日家だったし、ちょっと嬉しい日でした。

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。