ワンコ

犬と子供の躾はドイツ人に任せろって聞いた事が有ります。
でも、ドイツ人宅に居るワンコも問題のある子は沢山居ます。

そこで登場するのがワンコ調教師。テレビでもその様子を報道します。
この人達に教育を受けたら、その日の内に効果が出てくる子も居ます。

おばばには忘れられないワンコが沢山いますが、
一番記憶に新しい子。

この子です↓
西瓜犬
この子は、ティアハイムから保護されてきた子。
最初は、人を見たら唸ってました。
獰猛犬でしたよ。

学校に行き訓練を受け、そして新しい飼い主の愛情によって
見違える子に変身したのです。

外国に転勤の際もいつも家族と一緒。
幸せに暮してます。

犬と子供の躾はドイツ人に任せろって言いますが、
子供は別として(どう言う意味じゃ?)
ワンコの躾は立派なものです。

外で人や、他のワンコに吼えたりしたら、
飼い主が冷たい目で見られます。ワンコに責任は無いのです。
飼い主の躾は、シッカリやってます。

ところが、これを着ると、
毛皮IMG_0001
絶対100パーセント、ワンコから吼えられる
毛皮が怪しいのか、中身が怪しいのか・・・
あるいは、このワンコ達は動物愛護団体の回し者か?


昔は、「静かにっ! スープにしちゃうぞ!」(問題発言だわん)
って言ってくれた人が居ました。
言ってる本人は「犬と相性が良いんだ」なんて言ってましたけど、
日本でマルチーズちゃんに、吼えられてました~。

独りになった今、このコートは-23℃の日でも、
着る事も無く、洋服箪笥の中でヌクヌクとしています。









寒いです~。

日本から、寒さも一緒にベルリンに連れて来たらしい・・・・

今朝、外を見たら
わっ、雪!IMG_0002_1
私が日本滞在中に消えていた雪が、今朝は雪景色復活。
昨日までは太陽が出ていたのに?

文句は言えない。
日本海側に住む人々の苦労を知ってしまったから。
高齢の人が屋根に上り雪下ろし!
頼めば、お金も払わなくちゃいけないって!
税金で老人への援助は無いのでしょうか。

ベルリンでは老人の雪下ろしや、雪かきは見た事が有りません。
いつも、市清掃局の雪除車が来てます。
時に音が煩く感じられるときも有りますが・・・

不思議な事に一部のドイツ人は夜、窓を少しだけ開けて就寝する人が居る事。
新鮮空気を取り入れる為?
何故だろう・・・・・

10年以上ドイツに居ても、分からない事が有るんですよね~。

荷物整理

旅行など、戻るとスーツケースの中の物を
取り出す作業があります。
今回は日本ですから、日本産のオミヤが沢山あります。
整理しなくちゃ~。


そうそう浅草で、てぬぐい買ったんだっけ~。
早速、こんな風に使いました。
てぬぐいIMG_0001
キッチン入り口に、暖簾として使います。
(あっ、アイロンかけなくちゃ・・・)
ドアーの枠は鉄製ですから、マグネットで止めました。

キッチン入り口にドアーはありますが、
通風を考え、いつもドアーは開けてます。

しか~し、玄関ドアを開けるとキッチンを通して
居間まで丸見え。
来客が有ると気になっていました。
これで解消です。
もっと、買ってくれば良かったかな・・・・


無事、ベルリンに戻りました。

無事、今回は遅延もキャンセルも無く順調にベルリンに戻れました。


帰る日の早朝、近所を散歩しました。


隅田川
隅田川IMG_0003
昔は汚かった隅田川ですが、今は水鳥達が泳いでました。
春になれば、桜が綺麗なんですよ~。
川の水も綺麗になって、日曜日には釣り人の姿も見られます。

近所の神社
神社IMG_0008
数年前には外猫ちゃんが居たのですが、
今回は一匹も居なかった・・・・
明治49年に作られた小さな神社です。


午前中に、スカイライナーで成田へ。
日本語IMG_0003

中国語や、
車内IMG_0001
韓国語の
 韓国語IMG_0002
案内表示を見ながら、少しずつ気分を入れ替えて、
そして、機上の人となり,無事ベルリンに着きました。

日本滞在中も、皆様の暖かい心を頂きました。
それを励みにして、ドイツで頑張ります。
皆様、ありがとうございました。
そして、これからもどうぞ宜しくお願いします。



さぁてと、ベルリンへ。

これから、先日の名残りの青たんと共に家を出ます。
フライト、キャンセルになりませんように・・・・


梅の花が咲いてるし・・・
梅の花IMG_0003
紅梅は白梅より、早く花開くのね。

♪梅は咲い~たか、
      桜はまだかいな♪

桜の時期に日本に来ると花粉症を発症するおばばは、
桜の時期はドイツの方が安全なんですぅ。

今度、いつ日本に戻れるかな・・・・
青空が広がる日本から、暗くて寒いベルリンに戻る。
ベルリンに戻る意味有るのかな・・・・

日本滞在中も温かいコメントをありがとうございました。
怪我にも負けず励みになりました。

またベルリンよりご挨拶させて頂きます。




カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。