ベルリン郷土料理

皆さん、レバーはお好きですか?
苦手な人が多いと思います。
ベルリン郷土料理に、美味しいレバー料理が有ります。

これです。
豚レバー 033
レバーに小麦粉をまぶし、バターで焼いただけ。
これが、激ウマなの~~~~~。


レバー嫌いだったのに、これだけは好き!
血ヌキは充分にしてありますから、
臭くない!!


野菜をどかして、中身を見ると、
ブタレバー038
リンゴですよ、リンゴ。
皮はむいて有ります。
それとタマネギがシッカリ炒めてあるんです。
その下にはマッシュポテト。

どちらかと言うとリンゴは好きでは有りません。
レバーだって好きじゃない。
タマネギだって、率先しては食べない。
好きでは無いものが3種!
それが美味しいって食べられるベルリン郷土料理です。

これは、誰にでも出来るお料理だと思います。
キンケツ、貧血気味のおばばにピッタリ料理です。







さてさて、おばばは本日から10日程、雲隠れします。
いつも見に来てくださった皆様、ありがとうございます。
また、コメント、拍手もありがとうございます。
いつも嬉しくてブログを始めて、人生が開かれたかと(大げさ?)
思うほど、楽しい日々です。
皆様のお陰です。
本当にありがとうございます。

パソコンを使えない所へ雲隠れ。
と、言う事でコメ返し不可能ですので、
勝手でゴメンナサイ。

コメント欄、閉じようと思ってるのに、出来ない・・・
どうしてだ~~~。
時間が無いので、もう駄目だ~。
済みません・・・

皆様にお会いできないのが寂しいですけれど、
戻りましたら、お邪魔させて下さいね。
宜しくお願いします。





馬車いろいろ

ドイツの田舎町を訪れるのが好きです。
そこで必ずと言って良いほど目にするのが馬車。
ベルリン市内でも馬車は見ますが・・・

と、言う事で馬車いろいろ。

リューネブルグで見た馬車。
IMG_0024.jpg
農家のオジサンっぽい人が御者になり、
大平原を馬車で行きます。
観光客は老齢の人が多い。ノンビリ、ノンビリと木立を抜け、
エリカの花咲く平原を馬車で行く。
長閑で良いなぁ、急ぐ旅ではなし・・・


こちらは先日のポツダムで見た馬車。
観光馬車 098
幌が付いてます。
観光地を回ります。

母の日、父の日はこの馬車に乗り、お父さんの団体、
お母さんの団体さんが、ビール片手に街中、
観光地を楽しそうに回ってます。
父の日は、お父さん達が奥さんから離れて男同士で飲んだ暮れ!
母の日は、ご主人を忘れて奥さん同士で飲んだ暮れ。
ま、一年に一度の事ですから、派手にやって下さいマシ!


こちらは、
結婚式の馬車
結婚式の馬車。
幌が架かってますが、新郎新婦が乗っていたら幌は取ります。
知らない人、皆が祝福します。ピューピュー(口笛)と拍手
車の人は祝福の警笛を鳴らしてくれます。
それはそれは賑やかになります。

馬車のオンマさんに腿には、
馬の刻印IMG_0011
こんな、焼印が・・・
熱かったでしょうに。

最近の結婚式で馬車を見るのは稀です。

簡素化されて、戸籍役場で結婚式を挙げ、
親族、友人達と車で警笛を鳴らしながら街を走るのが
一般的な結婚式でしょうね。

ある晴れた日の昼下がり。

今日は時々、小雪がちらつく寒い一日でした。

先日の日曜日に友人家族が訪れてくれました。
久々の太陽でした。友人のお母様が晴れ女!
このお母様と会う時は、前日まで雨でも必ず晴れます。

例により近所の湖へ。

久々の晴れ。
etc 018
湖畔には日曜日という事もあり、多くの人がお散歩に来てました。
水鳥に上げるパンを持ってね。
水の中にはパンは投げてはいけないのです。
水が汚れますからね。


一緒にお散歩に来ていたワンコは、
etc 019
ベンチに繋がれ「クウィーン、クウィーン」と情けない声。

側には行けません。パンの取り合い合戦が始まるから。
縄張り争い!
あんた、前に鳥さんと喧嘩したでしょ。
可愛い顔して「何だテメ、コンニャロ」の勢いで!
今日のパンは水鳥さん達のだよ~。


すぐ近くにイギリスの大砲が!
etc 021
19世紀の物ですが、姉妹街のイギリスのテムズ川河畔の
グリーンウィッチ(Greenwich)からの贈り物。


太陽が優しい日曜日。
etc 020
日向ぼっこが気持ち良い~
こんな太陽が顔を出すなんて珍しい一日でした~。


お勧めレストラン

我が家、テーゲルには大変美味しいドイツレストランがあります。
建物は古く、保存建造物になってます。


中に入ったら、
店内 027
クリスマスの飾りつけと共に、
古い絵がかかってます。

コーナーには
オトボケサンタさん 024
オトボケサンタさんも居ますし、


壁際のランプも
ランプ 028
クリスマス~~♪


今日のお勧めは、
ラムハクセ 036
ラムハクセと言います。
ラムをグリルしてます。
脂肪は焼くうちに落ちてます。独特の臭いは有りません。
ジャガイモをオーブンで焼いて、ホワイトチーズが添えられてます。


ドイツ人には珍しく、
ケルナリン040
スリムで、愛想の良い女性!
この人が、今日の一番のお勧めかな?
ドイツ人にしては感じが良くて、美人です(歳は50代?60代?)


あ、ドイツ料理にはやはり、これでしょ!
ビール 029
アウグスティナーと称するビール。
普通のビールですが、えっ?1325年?
そんな古くから有るの!


こちらは、
白ビール 030
前にも紹介した小麦のビールですよん。

このレストラン、全てが美味しいし、
ビールだって、この泡立ち!!!!
細かい泡でビールの液体を塞いでます。
ビールはこうでなくちゃ、という見本みたいな入れ方です。

ベルリン市内の果てですが、味の良さはベルリンで一番だと思います。

クリスマス

街はすっかりクリスマスの準備が終わったようです。
近所のショッピングセンターも大きなツリーが飾られました。


近所のショッピングセンター。
etc 023
あらゆるお店が入ってます。
スーパーも、BIOのお店も、
電気製品の安いお店も、美容室、フィットネス。
も~う、あらゆる物があります。

建物全体の真ん中が吹き抜けです。
etc 021
ベルリンには、こんな感じのショッピングセンターが殆ど。
綺麗なイルミネーションもこの時期だけ吊り下げられます。


白熊さんの楽団。
etc 022
写真なので分かりませんが、熊さん達が動くんです。
そして音楽を演奏してます♪
周りでコーヒーを楽しめます~。
日本のクリスマス音楽は、鈴がシャンシャンが多いですが、
ドイツは余り聞きません。
クリスマスの考え方が、日本はプレゼント。
ドイツは宗教的なお祭りで、
プレゼントはその次に付随してくる物だから?
それにドイツは基本的に消費社会ではありませんので・・・


キャンドル各種
etc 024
イヴの4週間前の日曜日から、キャンドルを一本ずつ灯し、
イヴに最後の一本に火を灯しお祝いします。
最近は簡素化されて1本も有りですが、
キャンドルは4本あるのが正しい~。


この時期、ドイツ人はストレスを抱えます。
友人、恋人、家族に何をプレゼントするか。
それが嫌で逃避行の旅に出る人まで居ます。

そうそう、衣類などのプレゼントはレシートが一緒について来ます。
何故なら、気に入らなかったらお店に行って交換できるように。
夢が無いなぁ・・・・




カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。