松ボックリ

10月29日真夜中より、冬時間になりました。
これで日本との時差は8時間。
日本より8時間ドイツが遅くなります。


先日、スーパーで面白そうな物を見つけました。

スペイン産のサツマ
食品 003
みかんです。
懐かしい、日本の味!
サツマって名前があるって事は、日本から輸入して、
スペインで栽培されてるって事?


松ボックリ
食品 004
食用です。
スパゲティに使うかな~・・・


みかんと比べると松ボックリの大きい事!
食品
松ボックリは暖かい場所に置き、カサが開くのを待ちます。
まだガチガチだから使えるのはクリスマス頃?
それまで、お部屋のインテリアにするかぁ~・・・

一個で二度楽しめる松ボックリ。

え?中の実を取り出すのに、胡桃割りを使うの?
ひぇ~、めんどくさい。
買っちゃったから、食べなくちゃ・・・・

教会

家の近くに有る教会。
ドルフ キルヒェと呼ばれてます。

18世紀築
秋 048
13世紀には、この場所に教会が有ったとの事。
当時は木造の粗末な教会だったに違いない。
今はコンサートなども年に数回行われる。


向かい側には、
秋 049
世界第一次大戦、世界第二次大戦の犠牲者の碑。
こんな小さな街にも戦死者の碑があちこちにあります。

参考までに。
画像 010
これ、昨年の冬景色。同じ教会です。
四季折々の景色がいろいろな思い出を作ってくれます。

今年はどんな冬になるのかしら・・・・






もうすぐ冬だ・・・・

近くの地下鉄駅前の広場。
噴水はもう上がってない・・・
ここから数分で湖。
秋 のテーゲル045
11月末から、ここでもクリスマスマーケットが開かれます。
ロバ、馬も出てきて子供を乗せてくれます。


湖で見た二人連れ。
秋 052
なんか、ワンコは嬉しそう。
そりゃそうだね、湖にちょっとばかり、足を入れてたもんね。
寒くて泳げなくて、すぐ出てきちゃった。
背中を向けてる男性は毛皮の帽子!


湖畔のベンチ。
誰も居ない湖畔 053
夏はあんなに大勢の人が居たのに、だっれも居ないよ~。


帰りは遠回りして帰宅。
秋 059
この家、数年前まで羊が2頭居たのに、今は居ない。
食べちゃった?んなこたぁ無いな。
この鉄柵から草を上げたら、喜んで寄って来たっけ・・・

ちょっと来ないと近所も変わってしまうのね。
変わらないのは自然だけ・・・




晩秋のシュプレーバルト

またまたシュプレーバルトへ行ってきました。
完璧、プライベート。
実はどうしても欲しい物がありました。


これ、カーテンの生地。
秋のシュプレーバルト 043
良質で厚手の生地。ベルリンでは見つからなかった布地です。

迷うほど、沢山の生地が有って決めるのが難しかった。
でも、我が家は豪邸では有りませんので・・・
窓の数なんて知れてるし、幾つも買っても意味が無い。
あ、その前に資金不足だ!

そして、これ。
秋のシュプレーバルト 046
台の下には枕の様な物が付いてます。

こんな感じ。
秋のシュプレーバルト 049
何に使うかと言うと、椅子などに座り、膝の上に置きます。
コーヒーカップも置けるし、小さなパソコンも置けます。
ソファーで、または外のベンチで座って使えます。
使い心地が大変良いのです。

このお店の経営者は由緒ある元貴族で、超美人!!!
大変上品な人です。
血筋が良いだけに、心の広さも有る。

真の上流社会出身なんだなぁと感じたのは、
決して上流社会出身である事を表に出しません。


敷地には生家が↓  広大な敷地です。
秋のシュプレーバルト 051
こんなご時世ですから、この建物はホテルになってます。
ここに泊まるには服装も整えて、高級車で乗り付けないと肩身が狭いかな・・・・
駐車場は高級車がズラッと並んでいたし・・・


興味深い歴史の有る家系です。
1918年、革命が起きたし、
世界第二次大戦中の事、また戦後はここは東ドイツ。
時代に翻弄された人生だったと思う。

知りたい事は沢山有るけれど、深く立ち入るべきではないと思う。
今はソッとしておいてあげるべき。
興味本位で近づけない歴史の重さを感じます。


ギンナン

近くのバス停に3本の銀杏の木があります。
3本の木のうち、2本にギンナンの実が付いてます。


2週間ほど前のイチョウの木。
銀杏 074
ギンナンが鈴なり。


木の葉も色づき
秋 088
見えにくいのですが、ギンナン鈴なりです。


もう、一本のイチョウは木の葉が散り、
秋 089
ギンナンとは思えないほど、た~くさんの実が付いてます。


下にも沢山落ちているのですが、
ギンナン087
誰も振り向きもしません。
食べられる物とは思っていないかも・・・
イチョウの葉のお茶は売られてるのに。

ギンナンってクッサ~ッ!!。

この種が食べられるんですよね。
でも、誰も拾ってないので、拾う勇気がありませ~ん。





カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。