晴れでも寒い・・・

   寒いけれど、

木々の緑は増えてます。

通い慣れた道。
緑 (2)
プロテスタントのDorf Kirche(1810年築)を通り過ぎると湖です。

   何十回、何百回通ったかしら・・・

カトリックの教会周辺も緑に覆われてます。
緑 (1)


友人とコーヒーを飲みながら寛ぎました。
緑 (3)
犬連れの老夫婦の後ろ姿が幸せそう・・・



湖に沈んだ丸太の上で寛ぐ水鳥達。

すぐ側では小鳥達の囀りが聞こえます。



前向きに生きるドイツ人女性に珍しく、
最近、この付近に女性のホームレスが出現。
毛布を被ってただひたすら歩き続けるだけ。
物乞いをするわけでも有りません。


   両親が居て幸せな子供時代が有ったはず。
          何故あんな風になってしまうんだろう・・・・・



寒いけど春

寒くても確実に春は来てます。


   知らないうちに緑が増えてました。

公園のチューリップも生き生きしてます。
役所 (2)

    が!

  寒いのか風が強くて避けてるのか、

チューリップ畑に二羽の鴨。
役所 (3)
寒いのに凄くお寛ぎの様子ですね~


昨日、鍵を返却したのですが、

  不動産会社の人が土足で部屋へ!

     あ~、昨日掃除したのに~と思わず私。
     良いんですよって?!

雑巾、洗剤、ゴミを捨てようと思いましたが、
良いですよ、全部そこに置いといて下さい。

         ひぇ~

  窓掃除まで手伝って貰ったのに、あの苦労は何だったの?
              
嫌いな掃除なんかするんじゃなかった。グチグチ・・・


引越し前、窓辺で鳴いてたアムゼル。

ネットが繋がり難いのに動画のアップ? 



相変わらず寒い。

な~んとネットが繋がりました。
 明日の事は分かりませんが・・・・・

以下、少し前の写真です。

満足な夕日が見られません。
夜 (3)


黄昏れの白鳥。
夜 (2)


よその庭のティーハウス(?)
夜 (1)

   この日も寒い1日。

    お~い、もうすぐ5月だよ~


家の片づけが終わりました。
  明日は鍵を返却して終わりです。

    やっと自由な時間が取れるかも・・・

 

今、お世話になってるご家庭は典型的ドイツ人家庭。
けっこう気を使ってる私が居ます。
汚したり散らかしたりしたら怒られそう・・ 


  それでもお掃除をしなくて済むのが嬉しい~

2日か3日の間コメント欄を閉じさせて下さい。
宜しくお願い致します。


寒かったけれど、

沢山の花が咲き始めました。


もくれん。
19日 (4)
咲き終わったのかしらと思ったらまだ蕾。


街角で見た八重桜。
19日 (3)


白鳥親子?
19日 (5)


強烈な夕日に染まる白鳥。
19日 (2)


日中の天候からは予想だにしなかった夕日。
19日 (1)

   強烈な夕日では有りましたが、
      手袋を持参しなかったのは大失敗でした。 


近所の友人が掃除にやって来てくれました。
お陰で細かい場所の掃除が終了。
ありがとね~♪


  立つ鳥跡を濁さず。

    後もう少し頑張りま~す。

  





宵闇迫るテーゲル湖

今日は二回ほど小雪が散らついて風が強く寒い1日でした。



   昨日も寒かったのですが風も無く静かな湖畔。

風が無ければ居心地が良い。
雪 (3)


遠くはどうやら雨のよう。
雪 (1)


緑が大分増えてます。
雪 (2)

  今夜は1℃の予報が出てます。
     
木曜日の最高気温8℃。
    最低気温がマイナス1℃。

   もうすぐ5月だと言うのに・・・・
  


アムゼル、カナダ雁の鳴き声、そして時折跳ねる魚。


 片付けも落ち着いて来たので明日は桜を探しに行こうかな・・・ 


象の耳

今日も寒い1日でクリーニングに出したダウンコートを着てしまいました。



   先日、二人の助っ人が来た時、
     終了後、湖へ行きましたが、その時の一人が

この花を象の耳って言うんだよって。学名はBergenienだそうです。
象の耳 (2)
日本では確かヒマラヤユキノシタって言ったような・・・・

   何故、象の耳か訊いたら葉が象の耳に似てるから。

  今日は象の耳が気になって確認に行きました。
  
うん、確かに似てるかも・・・
象の耳 (3)

   あぁ、今度は象の耳が気になってきた。確認に行く?・・・ 

私の好きな場所にオシドリが寛いでました。
象の耳 (1)

  今年は何だかオシドリの姿が多いような気がします。



写真は捨てられなくてスキャナーで取り込む予定です。
シィさん、ありがとうございました。

今日はアルバムから写真を取り出しました。
アルバムから剥がすのも容易な事ではありません。
しかも写真を見てるうち思い出に浸ってしまったり・・・

   

最悪の天気

今日も最悪の天気。

  風こそ有りませんが雨、雹、ミゾレが降り寒い1日となりました。
   
それでも少しだけ夕日を期待して湖へ。

    期待は見事に外れ。

南の空だけが明るく他は黒い雲が広がってます。16日 (4)


白鳥の姿が目立ちます。
16日 (1)


珍しく風も無く静かな湖。
16日 (3)


遠くの島も緑が目立つようになりました。
16日 (2)

  明日はイースター休暇の最終日。
    晴れるかな?晴れますように。 


バス停で見かけた光景。
バスが緊急停車してました。
中には認知症と思われる女性。
品の有る女性ですが、この寒い日にかなりの薄着。
パトカーも来てました。対応は女性警察官。
家族が居るのかしら。
無事に家に帰れたら良いけど・・・・ 
   
     
     他人事では有りません。明日は我が身。
    
   そんな思いが頭を過ぎりました。
      


清楚な女性

昨日からの雨は今日の午後まで続きました。
  
   こんなまとまった雨も珍しいです。


  夕日を期待して行った、ある日の事。

この様子じゃ駄目ね。
夕日 (2)


    それでも諦めきれずにぐずぐずと湖畔で過ごす。


待った甲斐が有ったかな?
夕日 (1)


仲が良さ気な二羽の白鳥。
夕日 (3)


夕方、いつも会う女性が居ます。
ドイツ人女性
上品で物静かで優しそうな女性。ドイツ人には珍しいタイプ。

 この女性が特別に気を配ってるのが天使ちゃん。
     バッグからそっと餌を出して天使ちゃんにあげてます。
 

清楚で不思議な雰囲気の女性です。
どんな仕事してるのかな・・
   



冬と早春のカナダ雁の様子。


早春

快晴では有りませんが、
    暖かで穏やかな日。


これも花曇りと言うのでしょうか・・・
羽 (3)


カナダ雁も気持ち良さそう。
羽 (2)
よく見ると向かって右側の羽が短いような・・・

    それでも元気そうで安心しますが、
       カモメとオオバンの姿が見えません。

旅立ってしまったのかしら・・・
  すみませんねぇ、見送りもしないで 


   そして夕方、

風も無く穏やかな1日が終ります。
羽 (4)


帰り道で見た窓のクリスマスのイルミ。
羽 (1)
今年のイースターは4月16日だそうですがイースターまでそのままかな?・・・・

   
    

水鳥の姿、母親の優しい声、子供の小さな笑い声、教会の鐘の音・・・

最後のカナダ雁2羽のうちの1羽はあの天使ちゃん。

   まだ足を引きずってますが両足で立ってます。     
       
何事も無いようにいつも通り。
     
     そんな姿が健気で可愛いと思う。偉いね。 



花曇り

日本は「花曇り」って言葉が有りますが、
   ベルリンにも花雲りの日が有ります。


  少し、前の日の事、

花曇りの湖。
花曇 (1)
風の強い日でした。

   沢山のガチョウが飛んで来た日が有りましたが、

この子はまた一人で居残りです。
天使 (1)
もしかしたら自分自身ガチョウだと思ってない.


いつもカナダ雁と一緒に居ます。
ガチョウ
仲良しだね~。


カモメは相変わらず元気。
花曇 (2)


このカモメ達も春になると居なくなります。
天使 (5)


   この日は風の強くて、

沖に浮いてたブイが湖岸まで流されて来てました。
天使 (2)

 


湖とは思えないような波。カラスってスキップするんですね。

自然の中で生きる動物達は逞しいです。

 
      その強さを分けて~。 体型だけが逞しい私の心の叫び・・・・・



こんなに沢山居たカモメですが、
今日、夕方湖畔へ行ったら、
カモメもオオバンも居なくなってました。
正に忽然と消えたと言って良いかも・・・
遅かったので、明日もう一度昼間に湖畔へ行って来ます。
何の前触れも無く消えるなんて・・・・


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。