ティアガルテン

寒くても太陽が出たら嬉しい。

  その辺の感覚がドイツ人的になったかも知れません。


 昨日はベルリンの中心地へ。

もうお馴染みの6月17日通り。
17,Juni Str,
奥にブランデンブルク門が見えます。

  普段、車の往来が激しいですが、
     左右は大きな森が広がってます。

森の中に足を踏み入れれば、
Tiergarten (2)
静寂そのもの・・・

  日本と違い犯罪が有りません。
    日本だったら変質者の巣になりそう・・・

ベルリンの森は鳥の巣ですよ~

    私の頭はスズメの巣。美容院へ行って来なくちゃ・・

モリバトが集団で居ましたが
Tiergarten (1)
カメラを向けたら逃げられました~


森の中はまだラッパ水仙が咲いてます。
Tiergarten (3)

   ふ~ん・・・やはり今年は寒いのかな。


ティアガルテン

レンズの内部にゴミが入ったみたいで取れません。この期に及んで何てこった・・・・


ベルリンの壁跡の桜。

ベルリンの壁跡の桜は過去にもアップしてますが、

    桜を探しに出かけました。

ソメイヨシノじゃなくて八重桜。
Bornholmer (1)
壁跡に沿って八重桜が植えられてます。

   両側はクライン ガルテンが広がり若緑が綺麗。

 空港が近いので時折爆音が聞えます。

近くのBornholmerst,駅。
Bornholmer (3)


壁は一部残ってます。
Bornholmer (4)
もう誰も振り向きもしないし忘れられてるかも。


      壁が崩壊して、

東ベルリンの人々がこの橋を渡り感涙を流した場所。
Bornholmer (2)


側には1989年11月9日広場と表示が有ります。
Bornholmer (5)
壁崩壊の日を忘れることは無いわけです。


壁跡の桜です。



長い間、ご無沙汰してた仕事の先輩から突然の電話。
懐かしくて、懐かしくて・・・

  話してるうちに何と学校が一緒だった事が分りました!
  同じ校庭で同じ体操をして、同じ校舎で勉強して、
  学園祭も一緒に過ごしてたんだわ。

  
     帰国間際にこんな事が有るんですね。

  きっと神様の思し召しかも。神様、ありがとう。こんな時ばっかり 


クルーズ船がやって来た。

日本では暑さ寒さも彼岸までって言いますが、
      
   ドイツではイースターが目安のようです。


今年もこんな花が咲き始めて、
クルーズ船 (3)


クルーズ船がやって来る季節。
クルーズ船 (2)


アオサギは相変わらず定位置を占領。
クルーズ船 (1)

  余りにも動かないので置物かと皆が勘違いしてました。

二人の少女。
クルーズ船 (4)
勿論、すぐ側には両親が見守ってます。


   春の湖も良いですが、


印象深いのはやはり晴れた日の冬の湖。(前にアップ済みです


  氷上の天使、浅田真央さん。お疲れ様でした。




今年は折り紙

毎年、BIKINI BERLINと言うショッピングセンターで飾られるイースターの飾り。


昨年は生の花でした。
20160320143348918_20170404031202c6c.jpg
最後の方はドライフラワーで無残な姿だったわ・・・・


今年は何と折り紙。
折り紙 (1)


これは多分来訪客が折った物。
折り紙 (2)
百合が有りますね。きっと日本人が折ったに違いない。

側に係りのオジサンが居て折り紙をくれて
   折れって言ってるんだと思いますが何を言ってるのか分らない。

     ドイツ語でも英語でもフランス語でもない。何処の国の人だったのかな?
   
本人は日本語を話してるつもりだったりして

   愛想の良いオジサンだけに残念・・・・。
   







イースター

4月10日~4月18日までイースター。
  公立の学校は8日(土)9日(日)を含めると11連休。


   子供達にとっては嬉しいイースター休暇。

 はっきりしない天候ですが、
    森や野原で卵探しに興じます。

アジサイの木に吊るされた卵。
イースター (5)

   卵が出たら、やはりウサギでしょ。

ふわふわして可愛い本物のウサギ。
ウサギ
まだ子ウサギでしょうね。

  
こちらはショッピングモールで見た仕掛け人形。
うさぎ


  ポストバンクでの話しなんですが、
  カウンターで女子行員さん同士の言い争い勃発。
  ドイツ語が激しいので迫力があります。

   カウンター前に立ってた男性客、
   顔を真っ赤にして後ろ向きで笑いを堪えてた。 


     お客様の前で喧嘩は止めようね~
   

 ショッピングモールも公園もイースターの雰囲気が溢れてます。



   

4月

いよいよ4月。

   心地良い気候になると良いなぁ。

 寒の戻りなんて有って欲しくないです。


昨年のチューリップ畑はラッパ水仙が咲き始めました。
イースター (4)


イースターの鐘です。
イースター (3)


   市で管理してるようで近くに入れ替えの為の土が盛ってあります。

注意書きの張り紙。
イースター (5)
ワンちゃん、チッチは駄目だよ~気をつけようね。子供のドロ遊びも禁止。


湖畔で寛ぐ父娘とワンちゃん。
イースター (2)
ワンちゃんは水が怖くてへっぴり腰。

  女の子はパパ似で足が長い。羨ます
     今度、生まれて来る時はドイツ人として生まれ変わろう・・・・

なぁんて思っても生まれ変わったら前世なんて分りっこないし。 




夕日

昨夜の雨は今日の午前中まで続きました。
   
   やっと雨雲は去って過ごしやすい夕方。
  
金曜日は23℃。土曜日は24℃と気温上昇の予報。    
      24℃なんて夏の気温。夏服は捨てちゃったし・・・・・
   
    レンギョウを見つけました。

夕日に染まって少し赤みをおびてます。
夕日 (3)


カンムリカイツブリが戻って来ました。
夕日 (5)


釣り人の姿も。
夕日 (4)

3月も後1日を残すだけとなりました。
   早く日本へ帰って落ち着きたい・・・・かな? 



日が落ち始めると早い。つるべ落としの言葉がぴったりです。



魔の山、続編。

西の動物園駅から電車で10分ほどの場所に魔の山があります。


電車を降りるとこんな森が広がってます。
魔の山 (5)


左に曲がって暫く歩くと背後にDrachenbergがそびえてました。
    皆、凧揚げにくるようですが、私達は魔の山を目指しました。

   入場料8€を払って(こだわり過ぎ)
     払う価値があるのか甚だ疑問。

こんなオンボロ家屋が見えてきました。
魔の山 (4)
犯罪映画の撮影場所に使えそう・・・


屋上からの眺めは良かったです。
   新緑の頃は素晴らしい景色が広がりそう。

塔はオリンピック(1936年)の時のGrockentrum (鐘の塔)。77m以上の高さ↓
魔の山 (1)

  
  諜報機関の建物は今や廃屋。

中に入ったらフィットネスが出来ます~
魔の山 (6)
試したら正常に機能しました。


こんな場所も有って命の危険を感じる・・・
魔の山 (7)
子供やペットは駄目ね。

   と思ったら、
       ペットが居た!

しかも柴犬じゃ有りませんか!!
魔の山 (2)
う~ん、君も異国の地で頑張ってるねぇ。本人は棒を加えて得意気。(リード付き)

この建物、いつかは崩れ落ちる気がする・・・
    
  ベルリンもこんな時代が有ったんだという事で・・・

一度行けば良い所かな・・・ 


屋上からの眺め。ブレブレで済みません。寒さで震えました。



今日、玄関ホールを出たところ、
同じ住居のお婆ちゃんが買い物から帰宅する所でした。
日本のマンションと同じで建物に入るには鍵が必要なんです。
両手に荷物が沢山で鍵を開けるのも大変そうでした。

   慌てて元に戻りホールに入るドアを開けて待ってたんですが、
   お婆ちゃんが、あら!嬉しい。クリスマスみたいね。Danke.。って。 
   ユニークなユーモアだ事。

    
    老齢でもユーモアを忘れない姿を見習いたいです。



魔の山

ベルリンは様々な顔を持った都市。
   近所の湖だけがベルリンじゃ無かった。

ドイツ人友人の誘いに乗って行った場所が「魔の山」

    「魔の山」と言うとトーマスマンですが別の山です。
        
ベルリン市内に有るのに今回初めて行きました。


  魔の山を目指して何気に後ろを振り向いたら大きな山!

     どひゃ~!

Drachenberg(ドラゴン山)です。
Teufelsberg (4)
麓や山頂の人間の大きさを見ると分りますよね。


国会議事堂の屋上から見えた山はこれなんだ!
Teufelsberg (3)
ドラゴン山は第二次世界大戦で出た瓦礫を集めた場所。

    良い山じゃ無いけど感動した。

  ベルリン市内で数箇所あります。

         一方、

すぐ側に有る魔の山(120m)の山頂↓(お借りしました。)
300px-Teufelsberg_ehem_Radaranlage.jpg
東西の冷戦時代のアメリカの諜報機関の建物です。

   当時、一般人は立ち入り禁止だった建物で

今はもうボロボロ。
ボロボロ
8€の入場料を払って自力で上がります。(エレベーターもエスカレーターも有りません)

入り口で入場料を払いますがひっきりなしに人が並んで、
入場料を徴収する男性がパニック。
払った人に更に入場料を請求する有様。
しっかりしろヨ!


  で、見えた景色が、

火力発電やオリンピックスタジアム。
Teufelsberg (1)

   新緑の頃は綺麗なんでしょうね・・・

湖も見えました。
Teufelsberg (5)

  ベルリンがいかに自然が多いか実感しましたが、

    風通しが良すぎる屋上が寒くて震えました。


現在の建物内部。

アメリカの匂いがする絵が多い。

  落書きのように見えますが、
    ドイツ人曰く美術家が描いたそうな。

      確かに上手ですが絵画というよりマンガチック。
                 
     
おいなりさんを持参しました。
Teufelsberg (2)

   男子3人が2個ずつ。
    作った私は一個。納得行かない・・・

  済みません、明日もう一回だけ続きをやらせて下さい。


ベルリンのボーデ博物館から金貨が盗まれたそうです。
重さ100キロだそうですが、どうして盗まれちゃったのかなぁ。
手緩いなぁ・・・・

100キロの金貨、溶かして売っちゃうのかも?

  


ベルリンの顔

3月27日。もうすぐ3月が終る・・・

誰もが経験をしてるのでしょうが、
   私って根性無しで寂しがり屋。ウッソ~!


  気晴らしに湖へ。

期待を裏切らない景色。
ベルリンの顔 (4)


撮影に来る人が日に日に増えてます。
ベルリンの顔 (3)

  太陽が出てもやはり3月。
    風が冷たくて手袋が必要です。

ここ数日の予報は悪くない。
   冬から一気に夏が来る可能性も大です。

  夏服、捨てちゃったし・・・ 


相変わらずカナダ雁は独り言。キュッキュッと言ってるのはオオバンです。
  


ベルリンの3分の一は自然です。

  色々な意味で歴史的な場所が有りますが、

何とこんな所が!
ベルリンの顔 (2)
ここは始めての場所です。しかもベルリン市内。

   入場料8€と高いのですが、
      いつか崩落する日が来るのでは・・・

  この続きは後日。


頂き物のイチゴのタルトとレモンタルトです。
ベルリンの顔 (1)
超美味でした。 Danke~!
   
   糖分は一切取らない主義の人も居ますが、
   タマネギ、パプリカなど野菜、果物にも糖分は有ります。
    
       病気が有る人は別として偏った食生活の方が
       心身共に悪影響が有りそう。

   
 食べたい物はしっかり食べま~す。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。