小さい春、見~つけた

昨日が映画祭の最終日。


  気まぐれなドイツ人の友人に誘われて行って来ました。

友人よ、見てないよね?
   見ても、この日本語が解りませんように。 

   

    予定より早く到着したので森を散歩。


フンボルト像を後ろから見るのは初めて。
小さい春 (1)
左側には戦勝記念塔が見えます。

   冬枯れの森で、

イングリッシュガーデンのカフェも3月まで休業です。
小さい春 (4)


身体を膨らませて寒そうねぇ。鳥の名前が判りません。
小さい春 (2)


       でも・・・・・

  小さい春、見~つけた♪


名前も知らない花ですが咲き始めてます。
小さい春 (1)
お花を見つけるとドイツ人って群がるのね。

      勿論、私もその一人ですが。

糸みたいな花。
小さい春 (3)


春を知らせるスノードロップを発見!
小さい春 (5)


    スノードロップを見ると本当に春が近いと感じます。

 
今日は雨が降ってますが暖かい。
起床後、暫くしてから素足で居る事に気が付きました。
今日の気温8℃。嬉しいような寂しいような・・・・・



フェ~♪って!

            
   カナダ雁って、どうしてこんなに愉快なのかしら。


ピンク色に染まった氷

ろくな夕日は見られない日。

   それでもピンクに染まった氷が綺麗に見えます。

皆が投げた氷が染まってます。
ピンク色 (3)


湖畔に佇む夫婦の隣りにワンコ。
ピンク色 (1)
僕は興味無いもんね~みたいな雰囲気。


氷の厚さを確かめてるパパ。
ピンク色 (4)


何かを啄ばんでるオオバン。
オオバン (1)
身体の割には足が大きい。

 
   映画祭も終わりました。

映画祭のパンフの写真、気に入っちゃってます。
ピンク色 (2)
日本の駅でこんな酔っ払った姿の男性を見た事が有る。

   こういう人の奥さんって大変だろうなぁ・・・


仕事が終ったらさっさと家に帰ろうね。



春の日差し・・・

晴れの日が続いたと思ったら3日坊主。

   これから暫くは曇りの日々の予報です。 チッ!

  以下、晴れの日の写真です。

氷はこの通り↓
02 15 17 (2)
自然の成せる技って本当に凄いです。

  規模は小さいですが、カスパー D フリードリヒの絵の世界。 


湖畔で寛ぐ男性。これって水タバコでしたっけ?
02 15 17 (4)


ね~、オマワリさ~ん、寛いでるんですか~♪
02 15 17 (3)
いえいえ只今パトロール中~

    二人とも足は長いし背は高いしカッコ良い~~
     で、この後に変なジイ様に捉まって延々と話しかけられる。
   
ベルリンの警察は「親切で優しい」がモットー?
   ん じゃあ、邪険に出来ない。これも仕事の内だぁね 
   

そんな様子をカラスは高みの見物。
02 15 17 (1)


   今朝、中心地へ出かけましたが
       出かけると必ず何か有る・・・・

駅で外国人一人が警察官に床に押さえつけられてます。
捕物
屈強なドイツ人警察が8人がかり。それを取り巻く人々。

    こんな時に写真を撮ってる私もどうかと思いますが・・・

  最近のベルリンって怖いです。

  

前日のアムゼルですが、ちょっと古い動画がありますのでご覧下さい。
[広告 ] VPS

   
    このアムゼルの声を聴くと、
        もうすぐ春~♪と心が踊ります。



キラキラ

今年ほど太陽が出なかった冬が有っただろうか・・・・

  そんな日々が続いた後の太陽がどれほど嬉しいか。

撮りまくった写真は膨大な量となりました。
  どれも素晴らしいのは写真の腕ではなくて自然の美しさ。


湖上は氷に覆われてますが、
キラキラ (5)
明るさが違います。


氷が解け始め春の予感。
キラキラ (4)


寛ぐカナダ雁の群。
キラキラ (3)


鴨も寛いでます。
鴨
胸が明るいのはメス鴨。


空を舞うカモメ達。
キラキラ (2)

     久々に、

本当に久々に見る水面のキラキラ。
キラキラ (1)
これで油断は出来ませんが全てが春の予感。


  餌になる藻が自分で採れるようになりましたが、

 ご飯だよ~♪と、なれば、


ちゃっかりと呼ばれちゃいます~。


   

今日は朝から雨。
この先、今月下旬まで曇天や雨の予報。
気温がマイナス気温じゃないのが救いです。


    気温は低くないし、この時間に外では
          春告げ鳥のアムゼルが鳴いてます。



優しい人~

いきなり晴れの日がやって来て、


水鳥が泳げる範囲が広くなって来ました。
13 02 17 (2)


皆、気持ち良さそうに日向ぼっこしてます。
13 02 17 (5)
そうなると気になるのは私の天使ちゃん

      この日は姿が見えません。

  そしたら何と、

この女性が保護団体に電話したそうです。
保護者
多分、40代だと思います。

   足が治ったら、またここへ帰ってくるわよ。
     そして春になったらスカンジナビアに帰って行くの。


 電話が来てもすぐには動いてくれるとは思えませんが・・・
 私も今まで電話する事に何故気が付かなかったんでしょう。


 治ったら皆と同じでどの子が天使ちゃんか判らなくなりますが嬉しい! 


  そして私には

氷はこんな風に凍って行くのよと説明。
13 02 17 (1)
1cm位ずつ徐々に凍ってるのが判ります。気泡も混ざってます。

   どこのどなたか存じませぬが、
   ご親切にありがとう。


この女性、顔から判断するとドイツ人では有りません。
ドイツ語は上手でしたが、多分スペイン人。 
お話好きな人で暫くの間、開放して貰えませんでした。 

    

 
氷は、まだこんな感じです。
13 02 17 (4)


耳を澄ますと膨張した氷が割れる音が聞こえます。


     春への足音かしら・・・・

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

太巻きおばば

Author:太巻きおばば
喜怒哀楽が激しく裏表無し。
早い話が単細胞。
下町生まれの下町育ち。

写真転載不可。

今、何時?
Cats
Sweets
年間アーカイブ

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク自由です。 商用目的のリンクはお断りします。